アルギニンで腎障害(腎臓貧血)を改善しよう


腎障害(腎臓病)になると、貧血になりやすくなります。貧血=鉄分不足とおもって鉄分を補給してもあまり効果がありません。
これは腎障害(腎臓病)になると赤血球の生成を調節するホルモンであるエリスロポエチンの産生が障害され、赤血球の生成が低下するからです。

よって腎障害からくる貧血(腎臓貧血)にはエリスロポエチンの投与が必要とされます。
エリスロポエチンを増やすサプリメントとしてアミノ酸の一つのアルギニンが、貧血を示す腎障害の患者で、経口投与によって、、貧血を改善することを示しました。

アルギニンはアミノ酸で副作用の心配もほとんどないと考えられることから、腎臓病の人の貧血の予防に、あるいは貧血が軽い状態の人の症状の改善などにも安全に使用できると考えられます。

オススメするアルギニンサプリメントはこちらです。

貧血になるとアトピーも悪化するのでアトピーまたはニキビの方にも効果があります。