月面・陥没・凸凹肌


みかんの皮のような凹凸のある肌、月面のクレーターのような大きい窪みができてしまった肌、このようなにきび痕に悩まされている人も意外と多いのではないでしょうか。

にきびは悪化して炎症を起こした後に破裂して膿が出ます。上手くいけばきれいになおりますが、場合によってはにきび痕となって残ってしまいます。
にきび痕とは、どのようにしてできるのでしょうか。

本来人間の皮膚には、傷ができても数日で治ってしまうように自分で治癒する力を持っています。

そのとき固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治してくれるのです。

毛穴にも同じ現象が起きており、にきびが破裂して毛穴が傷つくと治癒性のコラーゲンが集まって、開いた毛穴がそのまま固まってしまったのがにきび痕となります。

小さなにきび痕でしたら単なる毛穴の開きのようにも見えますが、実はまるで違うものです。毛穴の開きならキュッと治すことができますが、にきび痕はそう簡単にはいきません。

にきび痕は赤ちゃんの肌のようにすべすべに完治することは不可能ですが、お金と時間をかけて少しずつなめらかにする方法もあります。

ピーリングは続けることで肌のデコボコが小さくなっていきますが、肌への刺激が強く危険が伴うので、必ず専門家に施術してもらってください。

美容皮膚科での治療には、ダイアモンド粒子を肌に吹き付けて研磨し、凹凸をなくすダイアモンドピーリングや、毛穴にコラーゲンなどを注入して外見上お肌を平らにする方法、レーザーでコラーゲンを再生させる方法などがありますが、このような皮膚科での治療も、厳しい目で施術者を選ぶ必要があります。

大切な肌を預けるわけですから、信頼できるドクターにお願いしたいものです。

にきび痕の治療

現在、進行中のにきびに悩んでいる人や、以前にきびができた時につぶしてしまった、自己流のお手入れをしていたためににきび痕が残ってしまい悩んでいる人もいることでしょう。とくににきび痕には、茶色く色素沈着してしみになってしまった、または皮膚が陥没している場合(にきび瘢痕と言う)毛細血管が拡張状態などがあり、悩みも大きいようです。

色素沈着によるしみなら、ケミカルピーリングやレーザー治療で目立たなくすることもできます。ある種のフラッシュランプによる光を皮膚に照射することで、血管が破壊されて赤みがとれる治療法もあるようです。

にきび瘢痕に対しては、しわ取りレーザーを用いて皮膚組織を整える方法があります。にきび瘢痕の中でも浅い陥没の場合は、グリコール酸ピーリングをすることでその陥没の段差が小さくなり目立たなくなることもあります。

深い陥没の場合には、トリクロロ酸やサリチル酸などのやや強い酸を使ったピーリングが行なわれるようです。

またにきび瘢痕の中でも皮膚が盛り上がっているような場合は、外科的に切って縫い合わせる方法や、またはステロイド薬を局所注射する方法が取られることもあります。

これらのにきび痕の治療はほとんどが保険が適用外で実費治療となります。

また特殊な治療になるため、専門医とよく相談して進める必要がありますが、いずれにしてもにきび瘢痕を治すのは大変な治療となります。

できるだけにきび痕を残さないよう、にきびが軽いうちに正しい治療を行なって完治させることが重要です。

クレーター状のにきび痕

顔面の目立つ場所にできたにきびと同じくらい、いえ、それ以上にに深刻な悩みとなるかもしれないのがにきび痕です。

にきび痕には皮膚表面がデコボコしたオレンジのような肌や、茶色く色素沈着してしまった肌、またクレーターのように陥没してしまった肌などがありますが、いずれもにきびができた段階で手当てをせず放っておいたか、誤ったセルフケアを続けてしまった場合にできることが多いようです。

中でもクレーター状にきび痕は、自分でにきびをつぶしてしまった場合にできやすいものです。鏡を見た時に赤くふくらんだにきびを発見し、ついつぶして白い芯のようなアブラを出し、何となくスッキリした経験のある人もいると思います。

しかしこれが後々深刻なにきび痕を残す原因となるのです。

赤にきびができると、にきびの炎症のために周囲の組織が破壊され溶かされて、皮膚がくり抜いたように陥没ができます。つまり赤にきびは、ぽつりとできただけでクレーター状のにきび痕を作ってしまう確率が高いということなのです。

さらにここで、指でにきびをつぶすような刺激を与えると、にきびにたまった酸化物質が排出されずに組織内に広がってしまい、ますます炎症を悪化させ真皮まで傷ついてしまいます。

にきびが赤く炎症を起こしてしまったら、自分であれこれ処置をするよりも、皮膚科を受診して治療を行なうのが安全で確実です。

にきびの状態であれば治療法も選べますが、へこんだにきび痕になってしまうと、完全に元に戻すのは非常に難しいのです。